ネット申し込みに必要な事柄

学生ローンのネット申込みに必要な事柄としては、学生証、免許証、住民票、保険証などの公的書類を提出することがまず必要になります。これらは、本人確認書類として求められるものであるので、特に学生証を持参することは必須の条件でしょう。学生証には、在学している大学の情報や、氏名、生年月日、顔写真などの基本的な情報が記載されていますから、学生ローン会社としても、本人確認書類として重宝する書類です。

身分証明書

また、運転免許証を保有している場合は、上記事項に合わせて住所も確認できるため、かなり便利でしょう。その他の書類も、基本的には本人確認書類として求められるものですので、学生証と運転免許証を提示すれば、それだけで本人確認書類としては十分と判断されることがほとんどでしょう。

次に、借り入れたお金を振り込んでもらう銀行口座を用意しておく必要があります。銀行口座の名義については、学生本人の名義であることが要求されることがほとんどでしょう。というのも、親の名義や他人名義の場合、金銭消費貸借契約としては他人への貸付と判断されかねないので、そうなると学生ローン会社としても困ってしまうからです。

保証人に関する資料などは、学生ローンの多くはそもそも保証人不要の場合が多いですから、特に必要はないでしょう。このように、ネット申込みの場合は、窓口申込みとは異なり、比較的少ない資料で申し込みを完結させることができるのです。

ネットならではの便利さ

最近の学生ローンでは、学生たちの「親などの他人にバレずにお金を借りたい」というニーズに応えるべく、ネット申し込みを強化しています。具体的には、会社のホームページを通じてローン申し込みをできるようにし、また、申込み手続自体を簡素にすることによって、素早くキャッシングをすることができるようになっています。

お金がない

一般的な消費者金融会社や銀行系のカードローンの場合は、ネット申し込みも一応サービスとしては存在しますが、原則としては窓口で申し込みをする必要があるでしょう。これに対して、学生ローン専門に扱っている会社は、ネットのみで完結する場合もあり、実際に使ってみると、ネットならではの便利さを実感することができます。

ネット申込みのもう一つの利点は、事務処理に時間がかからないことです。この点、窓口での申込みを必要とする場合は、そもそも窓口に行く時間が必要ですし、窓口で書類を書く時間も相当取られます。このような場合に比べて、ネット申し込みであれば、自宅で簡単に申込書類を作成することができますので、忙しい学生にとってはメリットが大きいでしょう。

さらに、ネット申し込みを取り扱っている学生ローン会社の多くは、24時間365日対応をしているところが多くあります。この点、窓口での申込みを利用する場合には、営業時間内に窓口に行く必要がありますので、授業などで平日の昼間を使わなければならない学生にとっては、かなり厳しいものがあります。24時間365日対応であれば、授業を終えて自宅に帰ってきてからでも、十分ネット申し込みを行うことができます。